通常サイズとの比較
(ノーマルのGCB95は付属いたしません)
品番 

メーカー
 

機種 

NEW

OLD
機種ID 

Color
 

ネック 

コンディション 

税抜定価

製造年 

シリアルNo.
 

ボディー
 
現金特別価格(税抜) 
ジム・ダンロップからワウ・ペダルのスタンダード・モデル、cry bay GCB95をベースに半分のサイズにしたCBM95 Cry Baby Mini Wahが入荷しました。基本設計やFASELインダクター・コイルはそのままに、GCB95をダウン・サイジングしています。このサイズにしてACアダプター端子と、さらに9Vバッテリーまで収納可能になっていますので、ペダルボード組み込みに便利です。小さなサイズですが、踏みしろ自体がかなり広くなっているので、使い勝手もグッドです。さらに専用のレンチを使用することでペダルの踏み込みトルクを調整できるので、キツめに調整すれば「半止めワウ」等のスタイルでワウを使用したいプレイヤーにはとても便利な機能です。さらに内部にDIPスイッチがあり、ワウのレンジを3段階に調整できる。Hiが通常のGCB95モードI、Mが中域を強調したビンテージ・モードD、そしてLローエンドが強調されたモードです。なのでGCB95のクラシックなワウ・アプローチとは違った使い方もできそうなペダルですね。また、音質にこだわったトゥルーバイパスを採用し、底面は全面ゴムでフラットとなっているので、簡単にかつ確実にペダルボードにマウントできるのがうれしいポイントですね。
写真でサイズの違いを載せましたが,CBM95 & GCB95 スペック比較してみると重量でCBM95は440g、GCB95は1700g、サイズはCBM95:幅80mm、長さ132mm、高さ63mm、に対してGCB95:幅100mm、長さ250mm、高さ63mmととてもコンパクトなのが魅力です!