品番 

メーカー
 

機種 

NEW

OLD
機種ID 

Color
 

ネック 

コンディション 

税抜定価

製造年 

シリアルNo.
 

ボディー
 
現金特別価格(税抜) 
     
往年の名機マーシャル 1959を意識した、チャンネル・リンクも可能な話題のプリアンプ、Flying Teapot 59 Preampが入荷しました!一目見てわかるこのルックス!パネルとノブに、トーレックス張りの筐体、そしてなんといってもこの4つのインプットを搭載していて、強い存在感を醸し出しています。この4input 仕様は実際のアンプと同じ仕様になっており、左右で独立した入力で、上下でハイインピーダンスとローインピーダンス䛾選択が可能です。なので4インプットを利用した、襷掛けによるチャンネルリンクも可能です。CH1 は高域寄り、CH2 は低域寄りのチャンネルになっており、リンクさせることでそれぞれの帯域をバランス良く押し出すことが可能です。
このペダルは、プリアンプとして常に繋ぎっぱなしで使う事を前提に考えられているようで、On/Offスイッチが付いていないという潔い仕様なのがCool ですね。